カゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カテゴリ
商品コード: 30061604
シアターキューブリック「サンタクロース・ドットコム!」台本
販売価格(税込): 1,000
2014年12月作品 ※この商品はメール便対象商品です(3点以内)
■作品説明

2034年冬。年末最大のイベント、クリスマスがもうすぐやってくる。
高校生のふみえはクリスマスなんて興味ないし、
もちろん、サンタクロースなんか信じていない。
かたや親友の留美はクリスマスが大好き。
留美の家に遊びに来ていたふみえの前に留美が持ってきたのはタブレット。
「サンタクロースドットコム」というサイトでプレゼントを注文すると、
本物のサンタクロースがやってきてプレゼントを運んでくれるという。
クリスマスの朝、本当にプレゼントが届いて大喜びの留美。呆れ顔のふみえ。
気がつくとふみえたちの前には見たことのない男が突っ立っていた。
それはプレゼントを届けに来たものの帰る術をなくしてしまったサンタクロースだった……。

クリスマスがやってきて、あたたかい気持ちになる人なんて本当にいるのだろうか。
別にいつかのクリスマスで惨めな思いをしたわけでもない。
それなのに、街に賑やかなイルミネーションが点いて、
優しい音楽が流れる季節が来ると、どうにも心が重くなる。
サンタの恰好をしたおねえさんのスマイルと出会っても、仲間とクリスマスケーキを囲んでも、
心は穴のあいた袋みたいに、北風がスースーしている。
その理由が分からない。
そんな僕が28歳の時に書いた物語を、39歳になった僕に届けてみた。
11年前と変わらずに北風がスースーしていても淋しいけれど、
年を重ねた自分にその風が吹かなくなっているのも淋しい。

11年ぶりに開く脚本。主人公ふみえの心には11年前と同じ北風が吹いている。
彼女に吹きすさぶ北風を和らげてあげたいとは思わない。
ただ、彼女が感じている北風の冷たさの理由を知りたい。
この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

このページの上へ