カゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カテゴリ
商品コード: 37830015
Sky Theater PROJECT『半ライスのタテマエ』台本
販売価格(税込): 1,800
2019年9月作品 ※この商品はメール便対象商品です(3点以内)
■商品説明
作・演出:四方田直樹

宮坂友昭は結婚相手の野口千佳を連れて、亡き父の通いの蕎麦屋「はる」の女将に挨拶に行く。店の常連で近くの公園を借りて運動会を計画し家族に止められたエピソードなど父のちょっと変わった人柄の話で一花咲くなか、友昭は亡き父から手紙が来たことを女将に告げる。女将は驚きつつも宮坂の先生なら然もありなんという反応。父、幸太郎は変わり者であったし、「死ぬ」のが嫌な人だった。女将は言う「そりゃあセンセイの生きることへの執着だよ」友昭は答える「私もそう、思います。とにかく子供みたいに死ぬのが嫌な人でしたから」。
かたわら、野口千佳は定食屋の従業員、芝崎このみから図らずも中田伸雄の消息についての情報を知る。事故で記憶をなくしたことで気持ちを残したまま別離した彼への気持ちをそのままにできないと、千佳はこのみと伸雄が住むアパートを訪れる約束を取り付ける。
 
生に執着した亡き父からの(いわば)「天国からの手紙」のエピソードを中心に、満足しているはずなのに何と無く、もう少し隙間がある気がする。蛇足なのは分かっていてもつい確認したい。なにかしらのタテマエを用意した追加の一杯(半ライス)を望む人たちのお話を描く群像劇。半ライスのタテマエ。
この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

このページの上へ