カゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カテゴリ
商品コード: 17540902
劇団民藝『神と人とのあいだ』パンフレット
販売価格(税込): 1,000
2018年2~3月作品 ※この商品はメール便対象商品です(3点以内)
■商品説明

サイズ:B5
ページ数:48

■作品説明
作:木下順二
演出:兒玉庸策、丹野郁弓

■あらすじ
第一部 審判
敗戦の翌年から二年半にわたって行われた「東京裁判」(極東国際軍事法廷)。東条英機らA級戦犯が裁かれたこの厖大な速記録をもとに、木下順二が深刻かつ滑稽な裁判劇に再構築。第一幕は、従来の国際法にはなかった「平和に対する罪」(A級)のありかたを。第二幕ではヴェトナムでの日本軍の残虐行為が裁かれ、第三幕はアメリカの原爆投下に大きな焦点があてられる。息づまるような議論の応酬。そこには大国のエゴや駆け引きがあり、〈戦争と人間〉の本質を衝くドラマが描かれていく……。
第二部 夏・南方のローマンス
敗戦数年後のとある公園。ある上等兵が南方の島で絞首刑を宣告された。愛人であった女漫才師は、ある日ついに彼の妻に会いに行く。折から通りかかった戦友たち。なぜ上等兵は殺され、戦友たちは助かったのか。やがて明らかにされていく南方でのBC級戦犯裁判。島民虐殺を命じた参謀中佐の刑が軽く、通訳だった上等兵が「人道に対する罪」を問われ、極刑となる。悪い夢だったとつぶやく戦友たち。夢ですまされるかと、かみつく女漫才師。もう何もかも忘れたい、という上等兵の妻。いったい誰が誰を裁いたのか? やり場のない憤りに身をもてあまし一人残された女漫才師の心に、上等兵はたしかに生きつづけているのだった……。

■出演
内藤安彦、水谷貞雄、伊藤孝雄、安田正利、小杉勇二、杉本孝次、西川明、千葉茂則、境賢一、齊藤尊史、吉岡扶敏、神敏将、塩田泰久、桜井明美、中地美佐子
この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

このページの上へ