カゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カテゴリ
商品コード: 19051604
iaku『目頭を押さえた』台本
販売価格(税込): 1,100
2013年12月作品(初演) ※この商品はメール便対象商品です(3点以内)
人数:男4女4 上演時間:約110分
■商品説明
作:横山拓也
演出:上田一軒

畿央地域の山間にある人見村(ひとみむら)。衰退の一途を辿るこの村の林業と、この地で古くから行われてきた喪屋(もや)における葬儀。この2つの伝統を担ってきた中谷家と、8年前に都市から越してきた杉山家は親戚関係にあったが、杉山が葬祭コンサルタント業を人見村に持ち込んだことで、家族間の溝は深かった。ただ、同い年の高校生の娘たちは、子どもの頃から親友のような存在である。杉山の娘・遼は、母の形見である一眼レフカメラを愛用し、村に暮らす人たちのポートレートを「遺影」と称して撮影するのが日課だった。中谷の娘・修子は、遼の写真が大好きでいつも率先してモデルになった。そんな修子と遼が迎えた高校三年生の夏。この小さな田舎でセンセーショナルな出来事が起きる。それは、村に暮らす大人や子ども、すべての無名人たちの未来を、哀しみを伴う希望で包んだ。
この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

このページの上へ