9月
 
 

発売開始 9/25記

お待たせしました!

劇創ト社「Triple! Tripple!!」のDVDをShopコーナーにて販売開始させていただきました!

歴史モノの印象が強い最近の劇創ト社としては久し振りのSFコメディ作品です。

ライトな楽しい物語とコンセプチュアルなスタッフワークの融合が個人的には印象深い舞台でし

た。・・・ご興味ある方は是非!

tripletripple01  tripletripple02

*舞台写真は劇創ト社「Triple! Tripple!!」公演VTRより

 

もう先週のことですがピースピットHYT「ニャンプー」の副音声を収録。

末満さん、近藤ヒデシさん、立花明依さん、花田綾衣子さんでワイワイとフリートーク。

かなり楽しい副音声になりました・・・全然解説にはなってませんがw

ピースピットのDVDの副音声はこういうトークでいくのも良いかなと。

あとはオーサリングを残すのみ。今しばらくお待ち下さいませ。

 

週末、売込隊ビーム「山」の収録。

下見の時、OPのダンスシーンで腹を抱えて笑いそうになったのですが意外なことに誰も笑ってな

かったな〜。収録中もUPで見ると特に山田かつろうさんの細か〜い演技が面白すぎて笑いを堪え

るのが大変だったんだけどな〜。・・・まあ、のっけからアレはハイブロウ過ぎる気もしますがw

しかもそのシーンは後にもアレンジされて出てくるんですが、そこはさらに凄いことに・・・w

何気にアレを狙ってやるには役者さんの地力が必要なので、その辺流石です。

お話も非常に丁寧に作りこまれていて、「老練な」語り口といっても良いくらいな印象。

今週末までの長期公演なのでご興味ある方は是非。

 

劇団☆世界一団「7人の小人と大事なテーブル」の編集中。

何とか今週中に第一稿まで仕上げたいところ。

まだ全然導入部までしか編集できてない・・・太田さんと金替さんに至ってはまだ登場しておりませ

ん・・・!!

その二人が登場するシーンまで行けば編集も大分落ち着いて来ると思う(長廻しの予定)ので、

早くお二人の顔を見れるように頑張りま〜す!!

 

 
 
 

 9/18記

劇創舎・響天DOUCHI.KD「正義の果て」の編集第一稿上げ。

以前、P・T企画がRise-1で公演したお芝居の再演で、最近やたら現場をご一緒する

特攻舞台Baku-団の鈴木洋平さんと初めて同じ現場に入ったのがそのときの舞台でした。

あ、でも今回の再演には洋平さんは出てません。

何か最近物凄い頻度で現場被ってるので、ついw

 

劇団天悟「金色剣恋記」DVDオーサリング上げ。

作業が遅れてしまいお待たせしているお客様にはご迷惑をお掛けしました。

本当に申し訳有りません。

あとこれは秘密の話なんですが、編集草稿でタイトルを「金色剣恋歌」と出してました。

・・・失礼にも程がありますな。

ちなみにチェックしてもらうまで本気で気付いて無かったのは内緒w

金色剣恋記01   金色剣恋記02

*舞台写真は全て「金色剣恋記」VTRより

 

劇団☆世界一団「7人の小人と大事なテーブル」の編集に本格的に取り掛かる。

演劇は世界(比喩的な意味ではなく直接的な意味で。言い換えるなら「空間」でも良い)を

現出させる表現方法だと僕は思うのですが、この舞台はそれを囲み舞台と言う形で実現している

ので、映像担当としてはやりにくいことこの上ないんですねw

映像が一番苦手なのは心情描写と空間再現(≠空間描写)なんですよ。

心情は直接は記録できないモノだし、空間は2次元には擬似的にしか存在しないので。

どっちもストレートにやっても全く映像には反映されないので何らかの工夫が居る訳です。

囲み舞台だとそれが開幕から終演まで始終続くんですよね〜。

・・・とにかく頑張りまする!

 

蛇足ですがジャンルの特性としての「演劇」と「映像」の違いって↑ココにあると思ってます。

演劇は「触覚(空気を通してのものも含む)」、映像は「視覚」に長けている、という、まあ、当たり前

のことなんですが。

面白い舞台は目をつぶっていても鳥肌が立つし、面白い映画は耳を塞いでいても興奮します。

疑わしい方は一度お試しあれw

 

 
 
 

HYTHYT 9/14記

もう先週末のことですがピースピットHYT「ニャンプー」のDVDの本編映像チェックが終了。

あとは副音声を収録してDVDをオーサリングするのみ・・・って結構あるな、作業w

お待たせして申し訳有りませんが今しばらくお待ち下さい。

動画集に予告編をUPしております。ご参考までにどうぞご覧下さい。

ニャンプー01   ニャンプー02

 

で、週末から週明けには昨年のHYTメンバー・栗山陽輔(くりやん)の初監督自主映画の撮影に

参加。とある室内シークエンスの撮影&照明(撮影監督ってやつですな)として。

出演はくりやんの他に、先日の「SMITH」でも活躍してた立花明依さんと佐藤博昭さんで、

このお二人も第一回のHYTの経験者です。

こういう場にご一緒できるとは去年の今の段階では全く想像もしてなかった訳で、偶然って云うの

も面白いものだなぁ・・・などと思ってみたり。

もし今年のHYTに応募しようかどうか迷ってる人が居たら、

「偶然って結構良いよ」

という一言をお送りしたいと思います。・・・あ、でも稽古とかはキツイからその辺は覚悟の上でw

*舞台写真は全て「ニャンプー」VTRより

 
 
 

撮影ざます 9/5記

土曜日、焼酎亭一門会の収録。

収録と言ってもカメラ的にはそんな大掛かりなものではなく1カメでサラッと流したもの。

いわゆる落語っぽい落語と言うよりは落語をテーマにした役者さん達のパフォーマンスと言った

風情で楽しめました。年清さんの「夏の医者」の物凄いほんわかぶりと宇田さんの異常なテンショ

ンのハイスピード「壷算」が特に印象深かったですw

 

日曜日、小松利昌ソロコントライブ「コマツマツリ2006」の収録。

途中、お客さんをステージに上げて無理やりストーリーを進行するコーナーがあるのですが、

昼の回で小松さんが間違って末満さんを舞台に上げてしまうというハプニングがw

かなり異常な展開になって面白かったのでDVDの予約特典に収録決定しました。

お楽しみに♪

 

DVDといえば掲示板の方でもお知らせいたしましたが、

ピースピット「SMITH」のDVDは本編・副音声は勿論、稽古場風景や100人斬舞台裏、

SMITH2予告、そして千秋楽小道具叩き売り風景など、もう収録できるものは出来る限り詰め込ん

だ愛蔵版として出す予定です。一応2枚組みの予定ですがヘタしたら3枚組みとかかも・・・

ご期待下さいませ。

あ、一応のサンプルとしてOPステージングシーンをUPしております。ご参考までにご覧下さい。

 

 
 
 
 
前の月 次の月 雑記帳目次へ  TOPへ