7月
 
 

厳しい現場ほど・・ 7・30

昨夜、劇創ト社「南総恋歌」の清算会に参加。

そとばこまちの福山俊郎さんとピースピット「GBB!」&「GGM!」の苦労話。

週の頭まで「南総恋歌」に出演していた俊郎さんはその週末に「GBB!」に出演した訳で、

聞いてるだけで貧血を起こしそうになりましたW

僕も間に隕石少年トースターを挟んで両方収録だったし、座長の城田さんも「GBB!」&「GGM!」

の舞台監督だったりで、結構両方の公演に参加した人が多かったのですね。

そりゃ、皆グッタリしてるはずだわW

・・・とはいえ、苦労話で大笑い出来るのもどちらの公演も好評の内に終了できたからこそ。

ご来場頂いた皆様に改めて感謝です。

 

・・・でVTRのほうなんですが現在双方とも、順調に進行中。

南総恋歌はご予約のお客様には9月初旬発送予定、「GBB!」&「GGM!」の詳細は全く未定で

すが、宜しければ気長にお待ち下さいませ<(_ _)>

   

*舞台写真は劇創ト社「南総恋歌」(左)・ピースピット「ゴールド・バンバン!」(右)VTRより

 
 
 

僕はですが・・ 7・19

ピースピット「ゴールド・バンバン!!」&「グーグー・ムーチョ!!」の収録終了。

なんと「GGM」最終回のカーテンコールはスタンディングオベーションが!

それは物凄い盛り上がりで、僕自身もあの現場で収録できて良かったと思います。

先程、素材のチェックしたんですが、思わず普通に全部観てしまいましたw

動きの激しい舞台だっただけにちゃんと収録出来てるかどうかが不安だったのですが、

まあ、何とかなりそうな範囲で撮れていました。一先ずは安心です。

・・・編集は物凄く大変そうですがw

で、折角なので一枚だけビデオの取り込み画像を・・・↓

 

 

・・・

 

・・・・・・

 

・・・・・・・・・無限のフェローを持つ男

 

スーパーカルロス!!

 

・・・このシーンでちょっと泣きそうになったよww

*舞台写真はピースピット「グーグー・ムーチョ!」VTRより

 
 
 

助けてフジコカルロス 7・16

ピースピット「ゴールド・バンバン!!」&「グーグー・ムーチョ!!」の下見にHEP HALLに伺う。

満員御礼だったので音響ブースの横の記録カメラの前にちょこんなんと席を作って貰いました。

(ちなみに楽屋も凄い人数のキャストで満員御礼状態でしたw)

きっちり作り込まれて語られる「GBB」とテンションで押し切る「GGM」といった印象で、

豪華キャストも相まって、見ごたえのある2本立てです。

「GBB」のクライマックスの精緻な高揚感と「GGM」のクライマックスのバカ格好良さ(!)は是非劇

場で体験して欲しいと思います。

ただ映像担当としては、一作目同様、動きがとにかく激しいので、これを一人でオペして収録する

のか・・・と思うと、ちょっと怖いですがw

ご興味ある方は是非!

日曜日はもう満席で当日券も何枚出せるか・・・という状態らしいのでちょっと観てみようかな・・・と

いう方は月曜日が吉かも。

 
 
 

破壊力あります 7・12

隕石少年トースター「新番組!」の下見とアフタートーク収録に應典院に。

ストーリー重視だった前回公演に比べて今回はギャグ重視、むしろドラマ無視(w)くらいの勢いで

2時間ぶっ飛ばします。

中盤の宇宙くん連発シーンは異常なテンションの面白さで観客席も大湧きで、このシーンだけでも

見る価値あり。

あと、菊池秀之さんのおじいちゃん演技は期待通りでしたw

 
 
 

怒涛収録ラッシュ 7・11

劇創ト社「ザ・ラプソディ〜南総恋歌」の収録終了。

個人的には澤っちの親兵衛が体の調子に反比例して段々良くなっていったのが印象的でした。

観客動員も劇団記録を更新したということですし、評判も上々のようで何より。

DVDはご予約下さったお客様には9月初旬に発送予定です。

今、暫くお待ち下さい。

 

明日からは應典院にて隕石少年トースター「新番組!」の公演が始まります。

今回は前回よりも登場人物がぐっと増えてて、客演の俳優陣も倍増。

個人的には菊池秀之さんのおじいちゃん演技が久し振りに見れるのが嬉しい限りw

ご興味ある方は是非!

 

今週末はピースピット「ゴールド・バンバン!!」&「グーグー・ムーチョ!!」の二本立て公演が開演。

何故か全くもって判らないのですがチケットの売れ行きが今ひとつとの噂。

・・・

・・・・・・

・・・・・・・・・何で?

これもトラブルタウンのなせる業なのか?w

こちらもご興味ある方は是非!

 

 
 
 

電磁波〜電磁波〜 7・10

劇創ト社「ザ・ラプソディ〜南総恋歌」の本収録日。

ちょっとしたトラブルなんかもあったりして結局明日も収録することに。

まあ、素材は多いに越したことは無いのでむしろラッキーかもw

でも静かな良いシーンで携帯の着メロがガンガンの音量で流れたのはちょっとビックリしました。

流石にアレは使い物にならないです。(そのせいだけで撮り直しになった訳ではないですが)

開演前の注意でその旨説明がある通り、他の方の迷惑になるのは勿論ですが、ビデオ的にも

電波のせいで画面にノイズが出ることもあるので是非ともおやめくださいさいませ<(_ _)>

そんなことあるの?、と思う方は携帯をマナーモードにしてスイッチの入ったTVの上に置いて着

信させてみてください。

結構、引いてしまうようなことがおこりますからw

 

 
 
 

狂騒狂想曲 7・2

劇創ト社「ザ・ラプソディ〜南総恋歌」の通し稽古に参加。

いつもの城田作品の登場人物って信念や使命感で行動する場合が多いのだけれど、

今回は感情に突き動かされる登場人物達が物語を紡いでゆく・・・というより雪崩れの如く転がして

行きます。

成る程、タイトル通りの「ラプソディ」です、これは。

特筆すべきは後半の合戦シーンで、その高揚感は稽古にもかかわらずかなりのモノで流石。

「YELL!」や「SAIKA!」の合戦シーンも良かったですが、今回は今までのどの合戦シーンよりも迫力

があるシーンになりそうな予感がします。

本番は1週間後、梅田のHEP HALLにて。ご興味ある方は是非・・・って初日はもう完売しちゃって

当日券だと立ち見かもしれないみたいなのでそれ以外の日が吉かも。

 
 
 
 
 
前の月 次の月 雑記帳目次へ  TOPへ