1月
 
 

自縄自縛 1・28記

日本橋のジャングルインディペンデントシアターで今日初日を迎えた隕石少年トースター

「崖っぷちの人形劇場」の収録の下見に伺いました。

普段僕が収録を担当するのは割と何回か公演回数を重ねている劇団が多いんですが、

珍しく隕石少年トースターは今回の公演が第二回公演という新しい劇団です。

実は去年のジャングルの一人芝居フェスティバルの時に劇団員の関敬さんに

「撮りたいんですけどどうですか?」

とか言って、こっちから売り込んだんですけどw

純粋に客として大好きなんですよ、こういう正面切ったシチュエーションコメディ。

限られたシンプルな舞台設定の中で脚本の妙と役者の力量だけで見せちゃう・・・みたいな。

舞台と客席の距離感とか空気感がほどよく付かず離れずで気持ち良いんですね。

まあ、それって絶対に映像で表現できないので「純粋に客として」という但し書きが付くんですがw

しかし、まあ今日は下見だったのでそんなことは気にせずに笑わせてもらいました。

終演後、舞台監督のかっこさんに「滅茶、笑ってませんでした?」とか言われるくらい。

最後はちょっとホンワカ良い気分になったりして、まるでニール・サイモンのような・・・

っていうのは多分褒め過ぎなので、ニール・サイモンの脚本の映像化作品ぐらいには面白い・・・

っていうとビリー・ワイルダーの「おかしな二人」を思い浮かべる人が多いかと思いますが

多分それもちょっと強敵なので、ハーバート・ロスの「キャッシュマン」よりも面白い・・・

っていうのは解る人はいるのか?

まあ、要はお勧めってことなんですが。明後日の30日までやってますのでお時間とご興味のある

方は是非どうぞ。

 

僕も頑張ります・・・ビリー・ワイルダー目指してw

 

 
 
 

やめてけれ・・・ 1・23記

昨日、書いた新年会での会話をふと思い出しました。

 

末満「(新しい企画を実行するにあたって)これから予算とかも色々考えていかないといけなし・・・」

城田「継続して活動していくには、その辺は大事なことだよねぇ。」

嫁 「まあ、この景気だし、どこも苦しいですけどねぇ。」

俺 「ウチも考えないとなぁ・・・」

末満「うーん」

城田「う〜ん」

 

・・・

・・・・・・

・・・・・・・・・

 

俺 「・・・紅葉子(実娘)を2千万円くらいでないかねぇ・・・」

 

案の定、一斉にツッコミが入りました。曰く・・・

 

嫁 「おいおい!」

末満「いやいや!」

城田「売れるでしょうけど駄目ですね」

 

・・・ですよね。売っちゃ駄目ですよね。冗談ですってば!

 

・・・

・・・・・・

・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・城田さん、でもあったの!?

 

 
 
 

またしても・・・ 1・22記

先日、劇創ト社の城田さんとピースピットの末満さんとに

打ち合わせという名目でウチに集まってもらい新年会を決行。

 

・・・何の会だw

 

主に演劇関係のちょっと未来の話とかで色々盛り上がる。

大分未来の話で盛り上がるのも楽しいんですが、具体的な予定が立ってるか立ってないか

ぐらいの話は何だか少しやる気が出てくるような気がして良い感じ。

今年はもしかしたら楽しい年になるかもしれないなぁ・・・いや、しよう!・・・とか思った次第です。

 

・・・例によって次の日は二日酔いで元気無かったですがw

 

 
 
 

求ム!! 1・17記

先日、随分長いこと音信不通になっていた友人から連絡がありました。

近々ピンク映画の脚本家としてデビューすることになったとのことです

いやあ、まずは目出度い!

・・・・目出度いんですが、ロケに協力してくれそうな団地を探して欲しいとの事。

これが難航中でして。

そもそも団地に住んでる知人がほとんど居ませんし、ピンク映画だからヘタしたら自分の部屋で

ベッドシーンの撮影をすることになりかねないので難航するのは当然予想できたことなんですがw

しかもこの手の映画は公開時のタイトルは「団地妻!濡れた欲情」とかで多分確定

だろうしなぁ・・・

言いにくいですよね、

「俺の家で映画の撮影があったんだよ!タイトルは「団地妻!濡れた何とか」っていう・・・」

とかw

実際には結構叙情的な人間ドラマらしいいんですがw

団地住まいで部屋をロケ地として提供しても良いと言う奇特な方が居られましたらメール

僕の方まで連絡下されば嬉しいです。いや、ホントお願いします・・・

 

 
 
 

個人的にコンプ 1・10記

先日ここに書いた食玩「黒澤明の世界/用心棒・椿三十郎編」なのですが

二つ目でいきなり一番欲しかった「桑畑三十郎・白黒版」を引いてしまいました。

何かいきなり達成感で満たされてしまいモチベーション下がりまくりです。

こういうものの場合引きが良過ぎても詰まらないのだと云うことを思い知りました。

・・・部屋に溢れかえる亥之吉兄ィに悶絶している自分の姿とか想像して独りで笑ってたのになぁw

 

 
 
 

勘兵衛も欲しい 1・6記

先日、産まれて初めて食玩というものを買ってしまいました。

子供の頃のグリコとかBIG1ガム以来です。

実は全然、収集癖というものが無いので全く興味が無かったんですが近所のコンビニで見つけて

しまったんです。

その名も黒澤明の世界/用心棒・椿三十郎編」

・・・渋すぎw

 

しかし「用心棒」は僕の個人的映画史上10本の指に入るくらい大好きな映画なのですよ!

(「椿・・・」のほうはそうでもないんですが・・・でもまあ、面白かったけど)

これは買わずにはいられない訳ですよ!

そしたら一発で出ました!三十郎が!!

・・・あ、でもこれよく見たら「桑畑三十郎」じゃなくて「椿三十郎」だよ。

まあ、でもラストシーンのあの居合いのポーズだから、まあいいや。

しかし、こうなるとワンセットで「室戸半兵衛」も欲しくなるというのが人情でしょうw

でもきっと「黒澤監督」とか「三十郎寝姿」とか「新田の卯之助」とか引いちゃうんだろうなぁ・・・。

わお、よく見たら「新田の亥之吉」まであるじゃないの・・・い、いらねぇw

これだったら「新田の丑寅」とか「権爺」とかの方が良いんじゃない?

 

しかも「用心棒・椿三十郎編」ってことは「七人の侍編」とか「天国と地獄編」とかあるのか?

「菊千代」とか「久蔵」とか「権藤社長」とか「戸倉警部」とかw

あ、でも「影武者編」は格好良さそうだな。

 

・・・って、若い人には付いて来れない話題になっているのか、もしかしてw

未見の方、一度騙されたと思って観て下さい。面白いから。

そして一緒にこの食玩集めましょうw

 

 
 
 

仕事速い 1・4記

カメラの修理が出来たということなので日本橋へ取りに行きました。

露店で「ハウルの動く城」DVDが売られていましたw

 
 
 

新年のご挨拶 1・1記

平素はTAKE-noble演劇ビデオ館をご愛顧くださり誠に有難うございます。

今年も宜しくお願い致します。

店主敬白

 
 
 
前の月  次の月  雑記帳目次へ  TOPへ