世界と戦う劇団特集>SPAC

SPAC-静岡県舞台芸術センター

専用の劇場や稽古場を拠点として、俳優、舞台技術・制作スタッフが活動を行う日本で初めての公立文化事業集団です。 舞台芸術作品の創造と上演とともに、優れた舞台芸術の紹介や舞台芸術家の育成を事業目的として活動しています。1997年から初代芸術総監督鈴木忠志のもとで本格的な活動を開始。2007年より宮城聰が芸術総監督に就任し、事業をさらに発展させています。より多彩な舞台芸術作品の創造とともに、「ふじのくに⇄せかい演劇祭」の開催、中高生鑑賞事業や人材育成事業、海外の演劇祭での公演、地域へのアウトリーチ活動を続けています。

受賞歴

2013年 全国知事会第6回先進政策創造会議により、静岡県のSPACへの取り組みが「先進政策大賞」に選出
2014年 フランスの世界的演劇祭「アヴィニョン演劇祭」に、『マハーバーラタ~ナラ王の冒険~』と『室内』の二作品が公式プログラムとして招聘

関連サイト

公式web
公式Twitter
公式facebook

Plays

グスコーブドリの伝記

グスコーブドリの伝記

演出:宮城聰

作:宮沢賢治

脚本:山崎ナオコーラ

Pick Up

宮城 聰 ミヤギ サトシ

1959年東京生まれ。演出家。SPAC-静岡県舞台芸術センター芸術総監督。
東京大学で演劇を学び、90年ク・ナウカ旗揚げ。07年SPAC芸術総監督に就任。国際的な公演活動を展開し、同時代的テキスト解釈とアジア演劇の身体技法や様式性を融合させた演出は国内外から高い評価を得ている。代表作に『王女メデイア』『マハーバーラタ』『ペール・ギュント』など。04年第3回朝日舞台芸術賞、05年第2回アサヒビール芸術賞受賞。

このページの上へ