激団リジョロ

劇団一覧へ戻る

激団リジョロのホームページへ

作品一覧

#26 OF THE DEAD

ある日、ゾンビの出没が報じられたのも束の間、その混乱は未曾有の事態となって情報も 錯綜したまま全国各地に急速に拡大していった。訳も分からぬまま逃げ惑う人々。 実家に帰省していた西尾すずもその一人であった。たった一人で夢中で走り続けて逃げ 込んだ倉庫は海からさほど遠くない、幼少の頃によく遊んだ場所。 理解も、安息もままならぬ内に彼女もまた、そこでゾンビに襲われ、気を失ってしまう。 どれくらい経ったのか、目を覚ますと倉庫には次々と人が逃げ込んで来た。 友人や恋人に見知らぬ面々。先行きを巡って対立しながらも、彼らは老朽化した倉庫に 立て籠もり、次々と群れをなすゾンビと最後の攻防を繰り広げる。 失われゆく人々と記憶。その果てに待つ人類の未来は、淘汰か、それとも再生か。 激団リジョロ史上最多キャストで挑んだゾンビ演劇!!

出演者【CAST】星野桃子/たじり貴史/黒貴/松本まどか/作本将悟/栗本佳那子/三國谷花/福田桂子/中南勇輝/小中文太/斎藤このむ/こんどうひろこ/金光仁三【ZOMBIE】倉敷あみ/東浩輝/前田圭一/越智晴香/び~ば~★笑平/深谷響華/長井龍太/徳丸舞香/田口秋光/相馬拓斗/門永祥吾/藤本るみ/ひなのさん/森井理栄/大伴一貴/村上知加/折浜かじき/浜崎正太郎

#25 クラウドエンド

2007年夏、とある男が車で通りすがりの夫婦を轢き死亡事故を起こした。事件は当時マスコミに大きく取り上げられ世間も騒ぐ中、自動車運転過失致死傷罪で懲役7年の量刑が確定。やがて事件は忘れられていった。 それから時は流れ2016年1月某日、刑期を終えた男はある場所へと向かうべく、深夜の高速バス乗場に現れる。乗り込んだバスは増発臨時便の小型のバス。 男は知らない、一夜に起こる不可解な出来事の数々を。それらが紡がれやがて一つの真実へと辿り着くことを。この夜空に向こう側があることを。その果てにかつてない壮絶な選択を迫られることになることを。 そしてバスは、ゆっくりと目的地へと発車した。

出演者斎藤このむ/こんどうひろこ/金光仁三/小中文太/星野桃子/東浩輝(大阪公演出演)/たじり貴史(東京公演出演)/谷岡友貴/久井正樹(演劇集団円)/岡本五月/越智晴香/鈴音ひとみ(東京公演出演)

#24 Abend

“僕は殺される” 誰も知る事の無いとある山中。誰も足を踏み入れた事のないであろう人の手が掛かった形跡の無い、生い茂った深い深い森。横山一二三はそこで目を覚ます。 頭でも強く打ったのか、意識が朦朧としながらも拙くふらついた足取りで道路を目指し、先の見えない濃い霧の中を進みながら長く密集した草をかき分け、木々の間を抜けていくと少し開けた場所に出た。そこには一際目立つ巨木に数多く並んだ緑の提灯。そこには古ぼけた山小屋風の、宿屋のようなものがあり。男はそこで暮らす人達に『お帰り』と迎えられ、手厚くもてなされる。そして人々はこの場所が『最終地』だと口々に話す。 しかし、男には一切の記憶が無かった・・・・

出演者小中文太/斎藤このむ/金光仁三/こんどうひろこ/保科友花/星野桃子/越智晴香/東浩輝/たじり貴史/前田圭一/鈴音ひとみ/永井俊也/谷岡友貴/山下真衣子

#22 ブルッシャー・ライオッツ

”妄想とリスタート” 役者を志した高校卒業間もない頃、大阪城公園のブルーシート。 あの時、フラフラと何日間だったか実際にホームレスと過ごしました。 後ろ向きでも懐古主義でもなく、不惑の再出発を原点の地で。 あれから二十年経った僕のこれは紛れも無いタイムスリップです。

出演者金光仁三/こんどうひろこ/小中文太/三虎田将充/東浩輝/たじり貴史/星野桃子/前田圭一/鈴音ひとみ/越智晴香/保科友花/興梠豪努/原田将司

#20 Lamp Light

“光へと続くプロローグ” 噴水の前に佇む盲目の男。公園はホームレスにサラリーマン、悩める青年にあるいは志を持った男。様々な人間達がいるどこにでもありふれた公園で男は目的もなく耳を傾ける毎日。 そこにある日、サーカス団がやってきた。団員見習いの少女はそんな盲目の男に興味を抱き、男の”光”を取り戻すべく奔走する。 サーカスの活況とともに次第に混沌を極めていく人々。 悩み、苦境、悲しみがあふれていく公園内で、やがて存在が明らかになっていくサーカス団の全貌。 ハードコア・リジョロの節目の記念公園は、2014年6月の巨大公園へと続く”光”の大長編二部構成の前編。構想10年、15周年を迎えた激団リジョロが足掛け1年、綱渡りで堂々の上演!

出演者金光仁三/こんどうひろこ/三虎田将充/東浩輝/小中文太/斉藤このむ/星野桃子/前田圭一/たじり貴史/高尾勇次/阿波根省悟/鈴木ひとみ/保科友花

#21 サーカス

神出鬼没、すっかり寝静まった夜更けであり、 深緑の人知れぬ場所であり、 都会の細路地の片隅の扉の向こうでそれは行われ、 望めばそれは姿を現す。 ギシギシと貼られた暗闇のテントにしなびたハシゴ、敷き詰められた板に薄く光が差し込むと、 瞬く間に異形の道化が客席を取り囲み、パペットマンが人を奏で、リズムマスターはテント中に鍵盤を響き渡らせる。 乱れる演舞に飛び交うナイフ、少女のコールに猛獣は雄叫びを上げ、未曽有の巨人がのっそりと舞台に顔を出す。 奇異な団長に率いられたそれは『逆星サーカス団』。迷い込んだ男はそれを知らない。望んだ事も、抱いた夢も。 少女がライムライトを浴びる時、希望と光と共にかの人はそこに立つ。 頭上高くに張られたタイトロープ。それは長い年月を歩むがごとく。男は決死の覚悟でラスト・アクトに臨む・・・・・

出演者斉藤このむ/こんどうひろこ/金光仁三/小中文太/星野桃子/東浩輝/たじり貴史/保科友花/前田圭一/高尾勇次/鈴音ひとみ/興梠豪努/鈴木雄大/山下真衣子 |

#28 眼浸

「僕は限りなく透明だ。それはこの世に存在しないからだ」 津川守(26)、派遣社員で都内某所在住。6帖の部屋とキッチン、築35年の木造アパート。 趣味はゲーム、漫画、アニメ鑑賞で仕事帰りは部屋に籠り、休日も外出することは殆ど無い。 時折孤独を感じた時は古い時計を眺め、目を閉じ、また眺めるのがいつしか習慣になった。家族とは疎遠で友人と呼べる者はおらず、彼は社会を拒絶する。本棚には漫画に混じっていくつかの童話の本がある。その中でも幾度も読み返されたであろう、薄汚れた『ピーターパン』。部屋の時間がいつしか止まると彼だけがその時自由であり、そして彼はゆっくりとキッチンへ歩を進め、閉まっておいた包丁を取り出し、右手で天井に掲げると、この物語は静かに、ただ静かに幕を開けた。

出演者黒田勇樹/松山菜々子/岡本五月/斎藤このむ/小中文太/ボンバー浩輝/谷岡友貴/侑華/たじり貴史/松本まどか/星野桃子/前田圭一/折浜かじき/大伴一貴/徳丸舞香/こんどうひろこ/金光仁三

#27 タイガー×タイガー

廃れたサーカス団を率いる団長・秀男は、行方をくらました弟の虎次郎を探しながら全国巡業を続けていたが、すでに疲れ果てていた秀男はついに命を絶つ。 死んだかと思われたが意識を取り戻した先は、かつて役者を志した公園だった。 訳も分からず十九歳に遡り、やり直すチャンスを得た秀男の目の前に現れたのはいつも心にあった憧れのあの人。荒れていく弟や、自らに取り巻く状況や人生をやり直すべく奔走するのであった。 これは在日韓国・朝鮮人社会に生まれた兄弟が時代に翻弄されながらももがき、苦しみ、交錯・衝突を繰り返し、すれ違いながらも”光”を掴もうとする物語であり、チャップリンに憧れた兄とその兄に憧れた弟の人生賛歌であり、壮大な「喜劇」である。

出演者金光仁三/小中文太/こんどうひろこ/斎藤このむ/梅田喬/星野桃子/越智晴香/折浜かじき/ボンバー浩輝/たじり貴史/前田圭一/大伴一貴/松本まどか/徳丸舞香/作本将悟

#29 ホライズンマーチ/晴天長短

【晴天長短】 青空の下、ここは1990年頃の大阪。朝鮮高級学校にて家族や親族が息子の運動会を酒の肴に、自分勝手に繰り広げる。 【ホライズンマーチ】 主人公の安田が故郷を離れ、友人達と共に日本へ希望を抱いてやって来た。彼は厳しい戦火の中、時代を駆け抜け強く生きていく。 上記2作品は、大阪を拠点に演劇の他、パフォーマンス等で活躍する劇団、Mayの作品。 「晴天長短」はアリスフェスティバル2008年参加作品として2009年1月に新宿タイニイアリスにて初演が上演。 その後若手演出家コンクール2010年で上演、座長であり脚本・演出を手掛ける金哲義が最優秀賞及び作品賞を受賞。

出演者金光仁三/こんどうひろこ/斎藤このむ/小中文太/星野桃子/たじり貴史/ボンバー浩輝/前田圭一/岡本五月/鈴音ひとみ/大伴一貴/久井正樹(演劇集団円)/徳丸舞香

#19 DRYuuuu!!!

ここは国の北方に位置する工業都市・オックス。 自然と科学で栄え、人と活気に満ち溢れた街はある日突然自然災害に見舞われた。 工場の爆発や火災による二 次災害で壊滅的な被害を受け、更には街全体に廃棄物から有毒ガスが発生、地盤は大きく沈下し建物は完全に崩壊、かつての 栄華は見る影も なく消え去った。 しかし災害から一〇年余り、完全に荒廃し世界からも見捨てられたこの都市で 地面から延々と蒸気を上げ未だ活動を続ける場所がある。 そこはやがて「土竜」ト呼ばれえる。 街の遠く遠く外れにある、誰も知らない地底窟。未開の深い 地底を目指すべく機械を操り、掘り続ける人々がいた・・・・・

出演者金光仁三/たじり貴史/斉藤このむ/小中文太/サンコン/東浩輝/星野桃子/関田剛志/阿波根昌悟/高尾勇次/早野由香/前田圭一/保科友花/こんどうひろこ

劇団一覧へ戻る